メインメニュー
トップ

商品一覧

おこわとは

最新情報

店舗情報

お問い合わせ

羽田空港ひとくちおこわの開発秘話

元祖 羽田空港ひとくちおこわ 松阪牛

私の望むお弁当ってないな、じゃあ作ろう!
専務 岡田美佐代

はじめまして、「おこわ専門店 寿徳庵(じゅとくあん)」の私専務の岡田美佐代と申します。
専務ですけど、弊社は社長も副社長も私も女という食品会社ならではの人事です。

寿徳庵はおこわ専門店として「小田急百貨店 町田店」に出店して
今年で31年目を迎えております。
もちろんその頃私はまだまだかわいい?中学生でしたけどね。

羽田空港におこわ専門店として「空弁」を出してもう7年目。月日が経つのははやいですね。
「松阪牛」にこだわったおこわを一生懸命お弁当として発売してきた結果2007年日経新聞土曜日版 nikkei プラス1の 何でもランキングで「専門家が選ぶ全国の空弁」第1位に弊社の「松阪牛おこわすき焼き弁当」が選ばれました。 ぱちぱち
その後「王様のブランチ」「黄金伝説」「アド街っく天国」その他テレビ、「家庭画報」などの雑誌等にも取り上げられております。

朝日新聞
女性自身
家庭画報
おとなの週末
クリックで拡大
1. あったかくて  2. 手が汚れなくて  3. ベンチや機内で食べやすくて  4. 価格も手ごろで  5. 食材はおいしく安全で  6. 空港内のどこでもいつでも買える

しかし2年前私は羽田空港のベンチの前でおこわを食べながらまわりの乗客の方々を見てふと考えました。
私自身、月に2回以上出張をしており、いつも空港でお弁当を買って食べているのです。でも大きなお弁当はベンチで広げたくないし、夜にビールを買って機内に入る際に少しだけ何か暖かいものが食べたいのにみつからない。
きっとそういう人、特にビジネスパーソン、出張多い方で同じ考えの方いらっしゃるんじゃないかなと・・・。

こんな私の望むお弁当ってないな、じゃあ作ろう!!ということで「元祖羽田空港ひとくちおこわ」の開発がはじまりました。
1昨年の10月から国産の食材、国産の調味料にこだわってお弁当をつくってきているので5番はまずクリアですよね。
でも食材が高いんですよ。だって国産だけの原材料の調味料なんてなかなかないんですから・・・。
ましてや、松阪牛ですから・・・。
そんなこんなで試作を始めて2年以上ようやく皆様の前にお出しすることができるようになりました。
今年羽田空港は第2ターミナルも増床され、国際線の新しいターミナルもオープンします。
1から6までが納得していただけているか、一度お試しくださいね!

元祖羽田空港ひとくちおこわを販売開始してすでに半月が経ちましたが、おかげさまで沢山の皆様にお買い上げいただき御好評をいただいております。有難うございます!

温かいまま召し上がって頂けるおこわと言うことでスタートいたしましたが、なかなか販売する段階で難しい事があり、現在は第1ターミナルのゲート内ベイサイドカフェ3店舗のみになっています。
しかし!冷めてもなおおいしいのが寿徳庵のおこわです。松阪牛のあのおいしさを楽しんで下さい。

元祖羽田空港ひとくちおこわなのになぜ松阪牛なんだ? と言う疑問を持たれるかたもおありでしょう
2007年当時羽田の空弁に牛肉を使ったお弁当がなくて、何か牛肉をメインにしたお弁当をと考えたのです。
最初は東京のお肉でと思ったのですが、東京Xという豚肉は有名ですが、牛肉では思いつかなかったのです。
牛肉といえば高級ブランド肉は本当にその地方のすばらしい牛肉がたくさんあるのですが、私が真っ先に思い浮かべたのが松阪牛だったのです。

三重県松阪市の牧場と松阪牛を扱われている業者さんを訪ね、直接買わせていただけることになりました。
そしてできあがったのが「松阪牛すき焼きおこわ弁当」「松阪牛おこわ」だったのです。
ここから寿徳庵と松阪牛のあつ~い?つながりがはじまったのでした。
牛肉から溶け出したうまみがあたたかいおこわにぎゅーーっとしみこませるところがとても難しいのですが、ここが松阪牛とおこわのベストな関係です。
ぜひこの関係を「元祖羽田空港ひとくちおこわ」で試してみてくださいね。

元祖 羽田空港ひとくちおこわ商品詳細へ
店舗情報はこちら
メディア情報を見る